ツナ日記-Toshi's Diary-

カテゴリ:日常( 48 )




今週末、10月1日に結婚パーティをします。

私事ではありますが、今年1月1日に、
島崎敏一・早苗は入籍しました。
遅ればせながらのその結婚パーティーを、なんと、
中川村の友人宅の古民家=ホンムネくん、にてやらせていただくことになりました。

「結婚式」という程、かしこまったものではなく、
手作りで、誰でも気軽な気持ちで来れるようなパーティーになればと思っています。


========================================

日時2011年10月1日(土)

   12:00 開始 お昼ご飯/新郎新婦挨拶ほか
   15:00くらい〜 おやつ/余興
   17:00 終了
   
   ※ 途中入退場自由
   ※ お昼ご飯を食べる方は、なるべく12時までにお越しください。


会費:なし

   ※ 一品(おかずorおやつorお酒or一芸)持ち寄りにご協力ください
   ※ 「持ち寄り無理!」という方、1,000円のカンパをお願いします。


場所:ホンムネくん(米山さん宅)

   中川村片桐中央4134   
   ※ 駐車場は、天の中川公園の駐車場をご利用ください。


★お願い★

 お昼ご飯の準備の関係で、だいたいの人数を把握したいと思っています。
 食べるよという方、下記までお早めにご連絡いただけると助かります。
 連絡先:080-5670-7693(島崎)


========================================


●本棟造りのおうちの特徴でもある田の字型の部屋4つを、
ふすまを取り払って大広間にします!


 これは見ものです!
 ホンムネくん、いったい何年ぶりにこのような姿をあらわすことに
 なるのでしょう。相当久しぶりだと思います。ドキドキ。


●ご飯とお味噌汁、あと数品美味しいものをご用意します。
プラス、皆様の持ち寄りおかずのご協力をお願いします!

 いつも、ホンムネファミリーで
 ちょっとずつおかずを持ち寄って食べるご飯の
 美味しく豊かなことといったら。
 沢山の方に気軽に来ていただきたいから、
 思い切ってみなさまの持ち寄りに甘える形で
 会費なしの会にしてみようということになりました。
 ご飯は外でお釜で(しかも新米!)、お汁も大鍋でご用意します。
 もうそれだけで、絶対美味しい!
 

 【持ち寄りに関するQ&A】
 
 ・「おかずって、大人数の分を持って行くの?」
  → いえいえ、お席のまわりの数人でシェアしていただくような量で
    充分です。

 ・「何を持って行ったらいいかわかんないよ」
  「準備する時間がないわ」
  → 当日、ご飯代カンパ(1,000円)にご協力ください!

 ・「持って行きたいけど、おかず限定?」
  → おかず以外でも、おやつ、おつまみ、お酒、
    それから一芸の持ち寄りも大歓迎!
  

●おやつを食べながら、夕方までワイワイ!余興もあります。

 ご飯のあとは、こどもたちが手作りのケーキを持って登場!
 ケーキ入刀や、獅子舞、有志による余興などをおたのしみください。


●どうぞ、平装でお越し下さい!

 忙しい収穫の時期でもあります。
 稲刈りの合間に地下足袋ででもふらっと来てほしい、
 そんな思いで気楽な会にしました。
 縁側もあるし、外にゴザもご用意します。野良着OK!
 「おしゃれしたいよ」、そんなあなたのステキな姿ももちろん見たい!
 要は、どんな格好でも!

-----------------------------
[PR]



by tuna_life | 2011-09-27 05:21 | 日常

「手刻み」

 現在、新築工事の仕事をしています。
 箕輪町に、天然酵母のパン屋さん兼住居を建てます。

 5月の終わりから、柱や梁などの構造材を、棟梁Y氏の墨付けの下、加工をする「刻み」を行ってきた。来週、その刻んだ部材を実際に組み立てる「建前」が行われる予定。

 僕は、この墨付けと刻みが、数ある大工仕事の中でも、興味深くてやりがいのある仕事だと思っている。それは、自然の恵みである木を、人の手で加工して、暮らしの一部分を作るという過程に、「自然を生かす知恵」がつまっているから。日々、仕事を通して、多くの知恵を学ばせてもらっている。

しかし現在、木造住宅の殆どは、「プレカット」と呼ばれるコンピューター制御のライン作業によって加工をしている。これは一見すると、安価で効率的なしくみに思える。しかし、職人の手作業にしか出来ないことも多々あり、その知恵を生かす場はとても大切だど思う。ともあれ、「手刻み」と「プレカット」を、どちらが良い・悪いという議論は、また別の機会にしたい。

 というわけで、今日は、仕事の合間に撮った写真をいくつか。

f0111786_9543835.jpg

絵図板
棟梁がこれを元に墨付けをする。
f0111786_1153456.jpg

f0111786_11524685.jpg

f0111786_11532353.jpg

刻んだ柱・梁・桁。
材料の産地は、南信・東濃など。
f0111786_11564962.jpg

手斧(ちょうな)で柱を仕上げるY氏。
f0111786_1220458.jpg

現場。
どんな建物が建つのか、お楽しみに。
f0111786_12211832.jpg

自分です。
鉋の刃を研いで、砥石と刃がくっついたところ。きれい鉋の仕上げが出来ると嬉しい。
しかしこの翌日、いぼ痔になってしまった。
痛みで歩くことも困難になり、病院で切り取ってもらった。
しゃがみっぱなしで何時間も研いでいたのと、疲れがおしりに響いたようだ。

これからも、工事の進み具合を、ときどきお伝えします。
[PR]



by tuna_life | 2011-07-09 10:21 | 日常

はこべ8月号に寄稿して

戌の日の安産祈願
 
 6月24日、梅雨の晴れ間。戌の日の安産祈願で子安神社へ行ってきました。
日本古来の風習として、妊娠5ヶ月目に入った戌の日に、妊婦さんが安産祈願のお参りをする風習があります。何故「戌の日」なのかというと、沢山の子を産み、お産が軽い犬は、安産の守り神として愛されてきたからだそうです。お参りのことを、神社へ行く直前まで全く知らなかったのですが、近所の方々から子安神社のことを教えて頂き、無事お参りへ行ってきました。

 子安神社は、高森町・広域農道(フルーツライン)沿い、山吹のJAから200m位北にあります。騒々しい車の往来から、一歩鳥居をくぐれば、静かで清らかな神社の空気に包まれます。春には美しい花々を咲かすであろう桜の巨木を過ぎ、きれいに掃除された石段をゆっくりと上がり、お手を清めて本堂へ。本堂には、竹の輪切りを水引で縛ったもの(写真)が、沢山括られていました。これは、竹の幹が筒状で「底抜け」なので、お産もすっぽりと「底が抜けたように」できるという祈りを込めたもの。おそらく、この地域の風習だと思います。私たちも、竹を括らせて頂きました。そして、心地いい静寂の中で、参拝をすることが出来ました。日頃から、神社を管理されている氏子の皆様ありがとうございます。赤ちゃんが産まれたら、お礼参りに来たいと思います。
 
 母子共に無事に出産を迎えることができますように。男は手助けをすることしか出来ないけれど、命をかけて命を産もうとしている妻に、心から感謝をしたいです。
f0111786_6134341.jpg

[PR]



by tuna_life | 2011-07-07 06:14 | 日常

はこべ7月号に寄稿して。

田中優さんの講演を聴いて    ツナこと島崎敏一
 環境活動家の田中優さんの講演会が、飯田美術博物館で行われました。原発事故・エネルギー問題・地域の可能性について等々、3時間近くお話して下さいました。興味深いお話ばかりでしたが、今回は電力会社の広告宣伝費について、感じた事を書きたいと思います。

・電力会社の広告宣伝費
電力会社は、電力を安定供給するための企業。独占企業で、ライバルもいないのに、広告宣伝費を1500億円以上(後述)使っている。トヨタ自動車を抜いて日本一。何故か?
 2007年の企業広告費のランキングを見ると、一位がトヨタ自動車で1054億円、二位が松下電器831億円、三位ホンダ816億円…。東京電力は、18位で286億円。しかし、中部電力や関西電力など各地の電力会社10社の広告費や、電気事業連合会や関連会社の広告費を足すと約1500億円以上にもなる。また、公共広告機構「ACジャパン」にも、電力会社各社が多額の出資をしている。経団連の役員も、電力会社に関連している人が多い。つまり、電力会社はメディアに対して強い影響力を持っている。

・電力会社のチカラ
 民間のメディアは、広告主がお金を出してくれることで、番組をつくることができる。日本で最大の広告主が電力会社なのだから、原発に対して賛成的(または必要悪)な意見ばかりが報道されている。今まで、原発に否定的な意見を述べたテレビ番組は、電力会社から非常に強い圧力を受けて、潰されてきた。斉藤和義が自らの替え歌で「ずっとウソだった」と歌っても、忌野清志郎やブルーハーツが反原発の歌を歌っても、メディアは消極的だった。

・ ACの宣伝について思うこと。
 ACの宣伝で「日本の強さは団結力です」と言っている。確かに「団結力」は日本人の強さだと思う。明治以降、開国、戦争、経済成長と、日本人は団結力で乗り越えて来た。しかし、メディア・電力会社や政府・東大の科学者などが、「団結力」で原発事故の被害を隠していることは、本当に許せない。

 イタリアで、原発再開の是非をめぐって行われた国民投票で、9割が反対。
日本の世論はどうだろうか。メディアに操られてはいないだろうか。原発に関する真実を、テレビやラジオ、政府から受け取るのは、悲しくなる程難しい。少しずつでも、公正な情報を得るための努力を続けたい。
 美博での講演は、インターネットの動画サイト「USTREAM」で見る事ができます。子供達の未来の為に、真実を知る事は、大人の義務だと思います。

inadani.tvー伊那谷放送局ー
http://www.ustream.tv/channel/inadani-tv1

[PR]



by tuna_life | 2011-06-21 06:13 | 日常

携帯電話を変えました。


先日、携帯を機種変更しました。

メールの使えない、液晶画面のない、電話帳のない、着信履歴ものこらない、カメラがない、ナイナイづくしの携帯に変えました。(おじいちゃんの使うような簡単ケイタイ)

というわけで、メールはパソコンからたまに見るだけになりました。
ご迷惑をおかけしますが、何かあったら、電話します。
f0111786_5562642.jpg


携帯メールで頻繁に連絡をとったところで、前よりも便利になっただろうか。
職種にもよるが、便利になった分、時間に空きができたなんて、聞いたことがない。
別にそんな大事なことでもないのに、液晶画面とにらめっこして、なんだか心にゆとりがない。

取捨選択。
僕にとって、携帯メールは必要ない。
電話帳や着信履歴も無い。
多少の不便は否めないけれど、前よりもシンプルで気楽な気持ちになれた。
[PR]



by tuna_life | 2011-06-21 06:07 | 日常

今日は、「お腹の大みそか」

昨年田んぼでとれたお米を、今日の夕食で食べ終えた。
明日からは、新米を食べることになる。

自分の体、そして生活のエネルギーを養ってくれていたご飯。
明日から、新米がエネルギー源となる。
「1年」という、地球の自転のサイクルと、自分の体のサイクルが重なり合う。


今日は、「お腹の大みそか」
大地のエネルギーに感謝をこめて、「ごちそうさまでした」

明日は、「お腹のお正月」
炊きたてのご飯を前に、いつもよりも大きな声で、
「いただきまーす!」と言いたい。
f0111786_223858.jpg

収穫のとき。

f0111786_224188.jpg

夏の日の朝露。
[PR]



by tuna_life | 2010-12-08 22:16 | 日常

きちきちバンバン山賊隊 森のエレベーター

 最近の「きちきち」は、泥の家作りを主軸に、家の回りにお風呂を作ったり(子供キャンプ)、台所を作ったり、きのこ狩りをしたりしていました。

なるべく大人達がプログラムを用意するのではなく、大枠で流れを決めておいて、
「あとは自由!好きに遊んでいいよ。」
といったような、ゆるい集まりになっています。

自分の責任で自由に遊んでもらいたい。
モノも情報も食べ物も、何でも与えられるのが当たり前になってしまっている子供達に、自発的な体験から学んでもらいたいと思う。
子供達が、思い切り失敗した時に、手を出さず、そっと見守れるような立場になりたいです。
興味あるかた、是非「きちきち」に遊びに来てください。

というわけで、今回は
「ロープで基地の周りの遊び場をつくってみよう!」

長い丸太でつくったブランコをぶらさげて遊びました。
f0111786_023433.jpg


スリングと滑車で、「森のエレベーター」を作ったり。(台は、まっちゃん作)
f0111786_052133.jpg

けっこうしっかりできているので、みんな怖がらすにのってくれた。ヘルメットはかぶってないけれど、セルフビレイはしっかりして登りました。
f0111786_025598.jpg

滑車とロープとスリングがあれば、意外と面白い遊びができるもんだと、あらためて感じました。
f0111786_038838.jpg


次回はクリスマス会。みんなで美味しいケーキを作りましょー。楽しみ。
[PR]



by tuna_life | 2010-11-25 00:41 | 日常

陸マリモ

f0111786_162564.jpg


陸マリモ

陸(おか)に上がってきたマリモのようなドームを作った。
これは、今週土曜日に中川東小学校で行われる「親子でチャレンジ/竹でひみつ基地を作ろう」の講師を受け持つことになり、試作してみたもの。

友人の家が所有している竹林から、細いマダケを伐り、運び、田んぼでドームを作成。
2時間程で完成。中に入ると、まるで森の中にいるような、とってもリラックスできる空間。
参加した女性曰く「ここで鳥になって卵を産みたい。」
お昼ごはんは、おにぎりとみそ汁を頂いた。最高に美味しかったです、ごちそうさまでした。
f0111786_171656.jpg



これを、小学生とその親ごさん達と作る。こういったワークショップは、参加者のノリでどんどん進化する。どんなマリモができるか楽しみだ。
[PR]



by tuna_life | 2010-11-12 01:07 | 日常

ブログ、再開します。

約一年ぶりに、ブログを再開します。
というのも、今までインターネット回線が家になかったのですが、携帯電話の電波でインターネットが出来るUSB(正式な名前分らない)を購入しました。遅かれながらIT革命。

思いや体験を、文章に表現・記録する楽しさを、自分のペースで味わいたいと思います。
日々の暮らしの備忘録になればいいなと思っています。
[PR]



by tuna_life | 2010-11-05 01:01 | 日常

きちきちバンバン山賊隊 泥の家近況

春に組み上がった竹。
そこへ昨年に仕込んだ土をつけました。
f0111786_16125814.jpg

夏のキャンプで、みんなで泥だらけになって付けた土壁。秋にはすっかり乾いて、大きな土の家が出来てきました。
f0111786_16122834.jpg

内部は、竹だけでは弱かったようで、間伐材を組んで補強。中にカマドもつくってしました。
参加者のお父さん達大奮闘!
f0111786_16143691.jpg


おおまかな予定で始まった泥の家づくり、なかなか予定通りにならなかったものの、なんとか形になってきました。

次回は12月12日(土)10時から15時。
泥の家の中のかまどで、カレーでも作ろっか!って話してます。
家の中は、子供なら20人位は入れる位の広さ。洞窟の中みたいです。
興味あるかた、遊びにきて下さい。
とりあえず、連絡ください。この指とーまれ!

ツナこと島崎 ☎ 08056707693


追伸

たき火で思い出しました。

たき火のおき火で、野鍛冶をしました。
5寸釘を熱して叩いて、冷やして研ぐ。
すると、日本刀の様な刃物ができました。
真っすぐに仕上がらないのが悔しかったですが、面白くって熱くって、鍛冶屋ハイになって発狂していました。
いつか、みんなでやってみたいです。

河原の石を、金板のかわりに。
f0111786_16295290.jpg


作成時間、約3時間。手前が研いだほう、奥が打ち出してひやしたもの。
f0111786_16301150.jpg

[PR]



by tuna_life | 2009-12-01 16:14 | 日常

日々の近況報告と備忘録です。
by tuna_life
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

お知らせ!

4月に中川村に引っ越します。渡場の信号から、走って5秒の家です!

お気に入りブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧