ツナ日記-Toshi's Diary-

<   2007年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧




世界の家。(自転車からみえた景色から)

ラオスの高床式住居は、竹を潰したものを編んで作っている。お母さんが仕事しているところを手伝った。日記クリック!
f0111786_17231618.jpg

f0111786_1750599.jpg

イランの家作りは、泥と日干し煉瓦。雨が少ないので、泥で作っても快適に過ごせる。古い家は土で出来ているけれど、新しい家はコンクリートがメイン。日記クリック!
f0111786_17233787.jpg

ドイツ人サイクリストのゲハードさんの住む町のアパートは、殆どは築100年以上。
ドイツ人は、ものを長く使うことに関しては国民性のように思う。日記クリック!
f0111786_17241455.jpg

世界を旅して、家をいろいろと見てきた。書き出したらきりが無いけど、家は自然と文化の表わしたものだと思う。どの地域も、その土地の材料で、生活に会った建物を建てている。それが途上国ならまだ守られている。ヨーロッパの国々も、地震が少ないせいもあって古い家が多く残っていた。

果たして日本はどうだろう?

戦後の経済発展の果てに立ち並ぶ、安値の建売住宅。
輸入材、ウッドマイレージ、建築金物・・。家って一体何なんだろう?
もっと家をシンプルに、地球のみんなに優しくできたらいいなぁと思う。
これからは、大工修行日記も載せていくのでよろしくお願いします!
[PR]



by tuna_life | 2007-02-25 17:41 | 大工修行

イランの風が吹きました。

今朝、実家から転送された郵便が届いた。
f0111786_1735022.jpg

イランからのエアメール、アラビア文字の切手が沙漠の匂いまで運んできた様な気がした。手紙の主は、イラン・サインガレ在住のアミーニさん(一番左)旅の最中で親切に家に泊めてくれた。ツナ日記を見て下さい。
f0111786_178393.jpg

このおじさん、日記には書かなかったけど、捨て犬を拾うように僕に声をかけてくれて、そのご車に自転車を積んでモスクや友人の家を回り、僕のことを友人に紹介して夕方まで写真のようにおじさんたちとお茶を飲んだ。で、アミーニさんの家に帰ったら、奥さんが東洋人を泊める事に猛反対!「こんな捨て犬みたいなヤツ拾ってくるんじゃないわよ!怒」とそんなようなことを絶叫。子供たちも皆奥さんの見方をしてなかなか肩身の狭い思いをした。それでもアミーニさんはどこまでもフレンドリーで、一緒にプロレスごっこをしたりして遊んでた。
あー、懐かしいなぁ。思えば丁度一年くらい前なんだ。
手紙には、「我が兄弟のトシへ、声が聞きたいので電話を下さい」と、そんなような英語が書いてあった。イラン人てなんでこんな親切なんだろうか。今度電話してみよっと!
テレビでは相変わらず、イランといえば核開発問題とかイスラム指導者がどーたらこーたらとか・・。本当の国際交流は、決してテレビには出ないのだろう。
[PR]



by tuna_life | 2007-02-25 17:21 | 日常

改めて自己紹介します。

1983年神奈川県生まれ。24歳、イノシシ年の年男。
幼い頃から自転車に魅了され、自転車の虜に。2002年に北米大陸を自転車で縦断(アラスカ~グアテマラ)。帰国後は長野県上伊那郡中川村に移住。キャンパーズヴィレッジ自然学校のスタッフになり自転車の楽しさを伝える。2005~6年、ユーラシア大陸を自転車で横断(日本~ポルトガル)。この旅を通じて、自転車で旅をする楽しさ・目標を目指すことの素晴らしさを感じてもらうために、主として中川村の子供たちに向けて「夢の力プロジェクト」立ち上げた。このプロジェクトは、中川村の文部科学省・地域子供教室の委託事業として、キャンパーズヴィレッジ自然学校が主催し、旅をしながらインターネットで写真や日記などを送った。
今年4月から、大工を目指して長野県飯田技術専門校に入校予定。
衣食住と自転車から、シンプルで優しい生き方を夢見る自由人。

・・って、何で大工になるの?なんて思う人もいると思いますが、僕の父は大工さん。
世界中で自分探しをしてきたのに、答えは一番身近なところにあった。
というわけで、「地球の暮らしが面白くなる家」を建てられることを夢見て、長い修行の道に進みます。
現在、知り合いの大工さんとこで修行させてもらっている。頭よりも心と体で働いているというか、もう面白過ぎて時間があっという間に過ぎて行く。赤松の梁にヒノキの柱、杉の貫と栗の土台、それぞれに素材の特性を生かした貫工法は、自然の恵みを生かした日本の伝統技術。勉強したいことが山ほどあって、4月からの学校生活が楽しみで仕方が無い!

もちろんまた旅にも出ようと思ってる。
自転車で北米・アジア・ヨーロッパと3大陸走って、世界を半周した。もう半分のアフリカ・南米・オーストラリアも必ず行きたいと思ってる。しばらくは日本で修行を積んでいざ世界へ。世界中の興味深い木造建築の現場で、「弟子にしてください!」と頼んで、各地で数ヶ月づつ修行させてもらいながら旅をしたい。オーストリアの築350年以上の木造住居、アフリカの泥の家、チリの松の板壁技術、アメリカでストローベイルハウス作り・・と、デイドリーマーですが今から色々計画していくつもり。


また中川村での「夢の力プロジェクト」は今年度で丁度3年目を迎えひと段落。
通学のために今のキャンパーズヴィレッジの仕事は辞めて「夢の力プロジェクト」からは離れてしまいますが、ボランティアとして関わってゆくつもりです。
[PR]



by tuna_life | 2007-02-25 17:02 | 日常

たけやの世界一の五平餅?!

長野県下伊那郡喬木村、県道18号線(通称竜東線)沿いの豊岡村との境の辺りに、五平餅専門店の「たけや」がある。
五平餅ってのは、ご飯を軽く潰して団子にしたものを軽く網で焼いて、クルミとか山椒が入った甘い味噌を塗って食べる長野県の南部とかその辺の名物。
スーパーの惣菜コーナーでも売ってるし、お祭りがあると誰かが作ってくれる。
美味しいけれど、これといって特別なご馳走というわけでもなく、どうしても脇役的な存在の料理だった。
が、この「たけや」は五平餅専門店!どんな五平餅があるのだろう?
朝8時頃、自転車で飯田方面へ行く途中に偶然見つけて、思わず店の中に入ってみた。
f0111786_1512091.jpg

「おはようございます~!」
と中に入ると、元気そうなお母さんが五平餅を焼いていた。
テーブルの上には、スーパーの仕出し用にパックに入れられた五平餅が、あら熱を取るために扇風機にかけられていた。店の中は、ご飯を焼く香ばしい匂いと甘いクルミ味噌の匂いに包まれていて、とっても良い香り。
メニューは五平餅のみ、一本110円。2本頼んだら、お茶をわざわざ出してくれた。自転車でかじかんだ体に嬉しい。そして続いてすぐに五平餅が出てきた。
f0111786_15161760.jpg

まだ湯気が出ているアツアツの団子を齧ると、外はカリカリで中はハフハフ。そこへ味噌の甘みが一気に溶け込んできた。口の中に、濃厚な米とくるみ味噌の香りが一気に広がった。

朝から美味しいお店を見つけてラッキーな一日。しかも、あまりの美味しさにうまいうまいと騒いでいたら、お母さんがクルミ味噌をプレゼントしてくれた 涙。


さぁさぁ、食べたくなったらたけやに行ってみて下さい!
で、他にも美味しい五平餅が売ってるところがあったら教えてくださいね。
[PR]



by tuna_life | 2007-02-18 15:17 | 日常

春の雨

長野の2月なのに、もう春の匂いの雨が降った。なのでブログも衣替え。
地球のリズムは完全に崩れてるけど、それでも雨の中を自転車で走ると、雨のリズムと冷たさが気持ちいい。
自然と一つになる感じ。膨らんだ花芽も喜んでた。

更新なかなか出来なくてごめんなさい!ぼちぼちやってきます。
[PR]



by tuna_life | 2007-02-14 19:15 | 日常

リンゴのミルクシェイク

f0111786_1961665.jpg
ほけちゃったリンゴ、そうでないリンゴ、まだ家にありますか?
「そろそろ食べ切らないといかんリンゴ」の救世主とパキスタンの街角で出会った。
コワモテのおっちゃんが作ってくれたリンゴのミルクシェイクは絶品だった。
リンゴの香りと酸味を牛乳が包み込んで、さっぱりとしていて美味しい。

帰国後、ふとその味が懐かしくなって作ってみたら、
ほけちゃったリンゴだろうとなんだろうと、立派なミルクシェイクが出来た!
すんごい美味しかったんでぜひみんな作って見てください。
寒い日でも意外に美味しく飲めますよ♪

作り方・・というか混ぜるだけ・・。
*リンゴ半分に対し、牛乳300cc位・砂糖をお好みで少々、夏場は氷を入れたほうが美味しいけど、入れなくてもOK。それらをミキサーに投入してスイッチオン!ウィーーン・・。
*夏に作るために、リンゴを切って冷凍保存かコンポートにしておくか・・そういったものも一つの手かもしれないです。分量とかも色々工夫してみて下さい。
*シナモンパウダーがあれば出来上がりに一振りしても美味しい。

これをひとつ伊那谷の名物にしてみては!?と密かに意気込んでいます。
作った感想どしどし下さい!
[PR]



by tuna_life | 2007-02-14 19:07 | 日常

日々の近況報告と備忘録です。
by tuna_life
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

お知らせ!

4月に中川村に引っ越します。渡場の信号から、走って5秒の家です!

お気に入りブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧