ツナ日記-Toshi's Diary-

<   2007年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧




土壁と野菜と自分。

 先週は僕んちに友達が遊びにきて、土曜日は名古屋でのお話会
(後日アップします!)
今日はあわて長野へ帰った。写真展の準備があったから。

 来月10日からの、飯田・バオバブでの写真展。ただ額におさめて展示するよりも、
自分で額を作ってしまおうと思った。
で、ただの額では面白くないから、自分で土壁をこねて作って、

 写真×土壁  旅と左官のコラボレーション

をやってみたい!と思った。
一度そういったことを思いつくと、心のドキドキワクワクは止まらなくて、
その事で心がいっぱいになって、バイト中も、食事中も、はたまた夢の中でも、
気付いたら土壁のことしか考えられなくなってた。
そんなこんなで、色々お世話になっている大工のWさんに協力してもらって、
土壁の塗り方を教わった。 

 まず、家で使っていないヨシズを長方形(黄金比)に切って、
動かないように薄い貫を打ちつけた。
できるだけ廃材で作ろうと、家の周りにあるもので下地を作った。

 そして土壁の準備。
土・藁・砂を混ぜて一年近く寝かしたものを、スコップで掘り起こす。
これは左官用の土で、Wさんに分けてもらった。
別にその辺にある粘土質の土でも構わない。 
f0111786_102896.jpg

土に水を入れ、藁スサをダマにならないようにパラパラと入れる。
これは、つなぎの役割をしてくれる。一般の住宅に土壁を塗る場合いは、
ここに「つのまた」とよばれる海藻糊を入れるが、
そういった強度は今回は求めないので省いた。
f0111786_104441.jpg

混ぜてるととにかくよく粘る。一年間寝かしている内に土が発酵して粘りが出たから。
こねてるうちになんとも懐かしい気持ちが蘇ってきた。
f0111786_11282.jpg

こねあがったら、素手で一気に塗ってゆく。一回仕上げ。
ヨシズに擦り込んで、5ミリくらいの土を塗る。

泥遊び・・懐かしい気持ちは子供の時の泥遊びだ!

夢中になって遊んだ記憶が蘇って、身体がカッと熱くなった。
f0111786_11488.jpg

コテを使わないで、素手で微妙な模様をつけたり、
はたまたハケを微妙に水で湿らして、落ち着いた壁の感じを演出したりした。
左官仕事は誰でも楽しめる反面、もの凄く奥が深くて面白い。
壁の色や素手の模様一つで、壁の印象をガラッっと変えてしまう。
日本庭園や空間芸術の類だと自分は思う。
f0111786_12154.jpg

まぁ仕上がりは実際に見ないと分からないので、とりあえずこんなもんで。
これに天竜川で拾った流木を足につけて完成予定。
これと同じものをあと2つ作る。
f0111786_14050.jpg

 壁ができてそろそろ帰ろうと思っていたら、隣の畑で働いていたお婆さんが、
「きゅうり余ってない?よかったらどうぞ。」
なすときゅうりを沢山持ってきてくれた。ありがたい。
虫食いはあるけど、新鮮でまだトゲがピンピンに尖ってた。

野菜も土からできてるんだ。

そしてその野菜は、自分の心と身体を作ってゆく。
土壁と野菜がダブって見えた。
f0111786_121663.jpg

そうか・・自分も土なんだ。

身体の中の土くれが、自分にそう語りかけた。
土が血に溶けて、それが自分の身体をグルグル回ってるんだ。
土と野菜と自分が重なって、一つになって嬉しくなった。
f0111786_0455998.jpg

空を見上げると、東の空にまぁるい月。
月の柔らかな青に包まれてゆく。

ふぅーーー・・ゆっくり深呼吸。
柔らかな青と、土くれの身体が混じり合って、秋の夜に溶けていった。

自分とは「自然」の「分身」のこと、
日々の暮らしの中で、それを体感できることが嬉しいと思った。
[PR]



by tuna_life | 2007-08-27 02:00 | 大工修行

8月18日・アンサンブルのお話会レポート

今回は一日に2回お話会をした。

施設の皆は、僕のお話会を楽しみにしていてくれて、子供のようにみんなドキドキワクワクした瞳でお話会を聞いてくれた。
来てくれた皆が、スライドに釘づけで、真剣に見つめる時もあれば、笑いに包まれる時もあって、
聞いてくれた皆の笑顔がとてもキレイだった。
写真展を通じて色々な人と出会い、笑って笑顔になって、楽しい時間を過ごせたことが何よりも嬉しい一日だった。

パキスタンの山奥を走った格好で・・
f0111786_20145465.jpg

笑顔に包まれたお話会でした・・
f0111786_219725.jpg

民族衣装を着てみよーのコーナー・・
f0111786_219204.jpg

2回目のお話会に来てくれた皆と。
こじんまりした感じだったので、来てくれた方と距離がとても近くて嬉しかった。
突然、何の連絡もなしに神戸から友達が来てくれた(クルクルパーマの人)
彼は今、僕の家に泊まってます。
f0111786_20153878.jpg


写真展は9月7日まで。
ご来店をお待ちしています!ポストカードも販売してます!
[PR]



by tuna_life | 2007-08-24 21:24 | イベント・写真展

お話会 in 名古屋・キラキラ塾のお知らせ。

友人が素敵なお話会に呼んでくれました。

場所とかもろもろ・詳しいことはここをみてください。
ちょっとした有名人みたく説明されてます。
ちょっとプレッシャーですが、楽しい時間にしたいと思ってます。


ばしょ アートライフスペース 縄文うさぎ 

 
日にち・時間 8月25日(土)
 16:00 開場
 16:30 島崎 敏一 トーク
 18:00 夕食会(僕も出ます)
 20:30 終了

時間が合ったら是非!
出会いを楽しみにしてます。
[PR]



by tuna_life | 2007-08-24 00:20 | イベント・写真展

you practice more English.

you practice more English.
(もっと英語を練習したほうがええよ~)

My Friend Johan told me..

I fogat a lot of English ward. It was much better When I was traveling the world by bicycle.

It is so disappointed to me.

so I try to write the Dialy by English (For study)

sometime,,,, Nobody understand the Dialy(must be ?!)

but I just try to do that :)

英語忘れるのが悔しいので、情けない英語で日記書きます。もちろんしんどいときは日本語で。
誰も理解できない英語でもあまり気にかけないように! 笑
[PR]



by tuna_life | 2007-08-21 01:19 | poor English

お話会「たべる?」のお知らせ。

f0111786_225594.jpg


とき  8月18日(土)

ばしょ アンサンブル伊那
     伊那市西箕輪8077-1

でんわ 0265-71-8622  

じかん ①14時~②18時~ いづれも一時間程度(無料)

きっとブログ見て来る人って殆どいないけど、よかったらどうぞ。
14時からは子供&施設の皆向けなので、分かりやすい感じです。
どんな話をしようか今からワクワクしてるとこ。

食べ物に関係したスライドを作るときに、なんとなく選び出した写真は300枚!
その全てにエピソードがあって、味があって、その場の空気があって、
その真ん中に「たべる」があった。
懐かしい旅の余韻にどっぷりと浸かりながら、ただいまスライド作成中です。
[PR]



by tuna_life | 2007-08-15 23:08

カンナ屑湯わかし器 その2

ネットが家につながると、便利な反面ついついダラダラとメールとかブログの更新しちゃって、気分的にあんま良くない・・と思いつつツイツイ更新してしまう。あーー、だめだダメダ。

この前作ったカンナ屑湯沸かし器に大幅な改良を加えた。
まず、焚き口を3倍に大きくして燃焼効率の上昇。
そして、手足を付けて自立させました。
一応、大工の勉強中なので、どうでもいいところで手の勾配を三寸勾配と返し勾配にしてみた。
手足を付けると、なんだかちっちゃい「ロボコップ」みたいでカワイイ。
ホント言うと、蓋を開けると小さいおっさんが入ってます。新しい友達ができた♪
f0111786_22837.jpg

燃料は、先日売木村の村有林でとってきた間伐材の皮。これがかなりよく燃える。
バケツに水をはり、お風呂用のポンプを使って湯沸かし器の中に水を循環させる。
水道から直接引くよりも楽だし効率が良い。(ただ、電気は使ってしまうけど。)
f0111786_2281549.jpg


焚き火に家で採れたジャガイモをホイルして入れた。
そして出来上がったお湯でバケツシャワーを浴びた。
そして火が消える頃に、ジャガイモが焼けてホクホクをその場で食べた。

「バカだなぁ・・」と思う反面、けっこう楽しんでます。
自分で言うのもなんだけど、「子供の心」を持った大人ならきっとハマるはず。
[PR]



by tuna_life | 2007-08-12 22:32 | 日常

ポストカード販売します。

オリジナルポストカードを作りました。
売れなかったら悲しいので、とりあえず7種類・21枚。
アンサンブルで販売のほか、予約が集まればまた作ります。
欲しいぃ!という方は、枚数とか番号をメールにて連絡をください。

shima_165cm@hotmail.com

携帯 080-5670-7693

送料とかそういうのはまた個々に連絡を。
郵送の場合は代金1000円分以上を希望。
手渡しが良い人は、これを通して再会する口実を作りましょう。

実費が1枚100円なので、150円で販売します。
50円の利益は、ボランティア団体の飯島国際協力会を通じて、
パキスタン・ムルフン村リンゴで村おこしプロジェクト
に募金します。
ムルフン村は僕が旅先でホームステイしていた村で、そこのリンゴ栽培の支援金となります。

ムルフン村の沢山の友達、一見小さな人間のつながりでも、それが本当は一番大切だと思う。
自分のできることは小さいけど、少しでも皆で協力できればと思います。

①インド・ラダック
f0111786_12411357.jpg

②パキスタン・ムルフン
f0111786_12431016.jpg

③パキスタン・カリマバード
f0111786_1246882.jpg

④カンボジア・アンコールワット
f0111786_124759100.jpg

⑤インド・デリー
f0111786_12484795.jpg

⑥ラオス・ビエンチャン
f0111786_1249130.jpg

⑦パキスタン・ラホール
f0111786_12494354.jpg

⑧パキスタン・ムルフン(まだ未作成・予約があれば作ります)
f0111786_125162.jpg

[PR]



by tuna_life | 2007-08-11 12:44 | ポストカード販売

テレビに出ます。

アンサンブルでの写真展が始まりました!(9月7日まで)
f0111786_10535477.jpg
f0111786_10541792.jpg
f0111786_10543721.jpg
f0111786_10545643.jpg
f0111786_1055845.jpg

 写真は施設と施設で働くみんな。
知的障がいという言葉を使いたくないけれど、ここではそういった方々が毎日精一杯毎日働いている。
ここへは、僕の写真を観に来るよりも、彼(彼女)達に会いに来て欲しい。
皆の「かお」に恋に落ちてしまった。とっても良い「かお」(表情)してた。半日だけだけど一緒に過ごしていたら、皆の純粋無垢な「かお」が心に響いた。
丁寧に掃除をして、野菜を切って、大きな声で「いらっしゃいませ!」って言って、ゆっくり注文をとって、そうしてひたむきに仕事をしている姿を見ていたら、普段の生活で忘れてしまっていたような、心の根っこにある暖かくて柔らかい気持ちを思い出させてくれた。
来週のお話会では、施設の皆にどんな話ができるか楽しみだー。

 さて、来週13日、テレビ信州「ゆうがたゲット」という番組に出ます。
f0111786_1116926.jpg


「何かを挑戦して成し遂げた人」ということで取材をしたいということだったけど、自分としてはテレビに出るほど大きなことをしたっていうふうには思ってないし、何よりも僕よりも頑張ってる人たちは世間に大勢いるはずだ。人前で挑戦とは・・みたいなことを言うのはすんごい恥ずかしかった。あーー、放送あんま見たくないなぁ・・と現実逃避。

子供たちも何人か来てくれて、博物館の中を案内してくれたり、インタビューを受けたりしていた。

「ツナ君のことをどう思う?」とレポーターのお姉さん。

「えー、なんでわざわざ自転車で行ったのか意味が分からない・・」
と小学4年生の男の子。

「ツナ君みたいに世界を自転車で旅してみたい?」

「え、それはやりたくない。大変そうだし・・」
と6年生の男の子。

妙に緊張して、場の空気を気まずいものにする子供たち。
いやぁ、面白いなぁ子供って、番組スタッフの方々はアタフタしてました 笑

本当の子供の姿は、一体どんなふうにテレビに映るのでしょうか?
放送をお楽しみに!(と思う反面恥ずかしい・・)

長野県外の方は長野に来て放送を見てください!
[PR]



by tuna_life | 2007-08-11 11:35 | イベント・写真展

地震ボランティアで出会ったピュアなヒト。

イランのHさん

前のブログ記事(地震ボランティア)に出てきたイラン人のHさん。
写真の通りめちゃくちゃお茶目な人で、
昨日いきなり電話があった。

「ハロー!もしもーし!ツナちゃん?Hですー。
あのね、見たよツナ日記。すごいねぇーー、本当に自転車で行ったんだねぇ。
もうね、イラン編の日記見てたらボロボロ涙が出てきちゃってね、
ほんとぉーーに感動したよ。俺の汚れた心を全部キレイに洗ってくれたよ。ほんとぉーにありがとう。」

と、違和感の無い上手な日本語で語ってくれた。
Hさん始め、イランにいた時は無骨でもの凄いピュアな心をもった人と良く出会った。そして必ず助けてくれた。

 路上でいきなり道を塞がれ、「ウチに泊まりに来い」
と誘ってくれた学校の先生。(本当に泊まった)

「お前(旅人)は俺たち(イラン人)のゲストだ!とにかく腹いっぱいメシ食ってりゃいいんだ。それに何日泊まっててもいいぞ。」
と、トルコ系民族のお父さん。

路上で車が急停車し、食べかけのビスケットを惜しげもなくプレゼントしてくれたおじさん。

黒い頭巾で全身を覆いながらも、「何か手助けできることはある?」と街中で声をかけてくれたお姉さん(イランの女性はすんごい美しかった)

ほかにもほかにも・・・
 
まず思い出すのは人々の親切、そして・・砂漠の静寂とか、イスラム教のお祈りとか、そんな思い出が一気に蘇ってきて、忙しい生活でふと忘れていたイランの風がフッと頬を撫でた気がした。

「無骨でピュア」な心、日本ではめったに出会えない。
自分もシャイだし、みんなシャイだし、「奥ゆかしさ」が日本人の美徳として認識されているから。

でも自分はHさんのような心を持ちたい、そんな理想を掲げたいなぁと思った。
世界のどこかにイランという国があって、そこへ日本から自転車で行った。
自転車でいける距離にそんな世界がある。

そう思えるだけで日々の生活はグッと豊かになれる気がした。
[PR]



by tuna_life | 2007-08-09 22:50 | 日常

新潟中越沖地震ボランティアに参加(長いけど読んで)

新潟県柏崎市内・国道18号線沿い
f0111786_0174159.jpg
柏崎市街・裏路地のどこか
f0111786_028874.jpg
柏崎市街・商店街の裏のお寺
f0111786_0295082.jpg


【傍観】

 手を出さずに、ただそばで見ていること。その物事に関係のない立場で見ていること。「争いを―する」「―者的な態度」  (yahoo辞書より)

 そう、いつもそうだった。

 何か災害が起きるたびに、心では心配してるのに行動に移そうとしなかった。何か理由をつけて目をそらしてた・・前回の新潟の震災は仕事せい、スマトラの津波は自転車旅行の予定がせっぱつまっていたせい、インド・パキスタンの大地震も・・適当に自分をごまかして手助けができなかった。募金はしても、もっと自分にはできることがあるはずだ。そう思うだけで何もしなかった。まったく情けない。

 今回の大地震へのボランティアは、幸い学校は夏休みだし、無理矢理勢いで予定を作れないこともない。時間もないし金もない、用事や私用はごたごた・・でも行きたい、そう心の声が聞こえた。気が付いたら柏崎市の心の声に呼ばれるように車を走らせていた。

 節約のため、下道&ちょっとだけ高速に乗ること9時間、フラフラになって柏崎市災害ボランティアセンターに到着。長時間運転の疲れのあまり、車の鍵を車内に閉じ込めてしまい、近所の車検場のおじさんに助けてもらった。到着早々、被災者の方に助けてもらってしまった・・まったく情けない(苦笑)

 ボランティアセンターには全国から熱い気持ちを持った人々が集まっていた。
f0111786_145177.jpg

その場でボランティア登録をして、ガムテープに氏名と特技や資格があれば書く。
手ぬぐいにニッカボッカ、そして地下足袋という格好に、「大工見習い」と書いたテープを貼り、ボランティアの待機所で出動の時を待った。
「倒れた石垣の片付け」「粗大ゴミの整理」「子供の遊び相手」等など・・様々なボランティア依頼を本部が統括し、その場で数名のチームを組み出動していた。

 倒れた石灯篭の片付けのボラ依頼があり、茨城から来た大工さん達と現場へ向かった。車で市街を走っていると、新しい建物が多いメインストリートの被害はそこまで目立たないが、古い建物が多い地域は悲惨な状況だった。全ての家が倒れていたわけではないけれど、傾いた家やつぶれた家が目立つ。地震の直前まで家があった空間が、一瞬にして空虚な瓦礫の山に変わってしまったのだろう。大工として地震の恐ろしさを感じた。

 そうして現場へ到着。一人暮らしのお婆ちゃんちの小さな庭の大きな灯篭が倒れてゴロゴロと転がっていた。石垣・石灯篭・・普段身近にあるものが、地震の時には凶器になるんだなぁとつくづく実感。男5人で大きな石を運び出し、仕事はあっというまに終った。けれどお婆ちゃんの恐れと不安に押しつぶされそうな瞳が、虚ろに空を見つめる瞳が、現場を離れても頭から離れなかった。


 ここで、大工を目指している立場から家のことを書きたい。何で家は倒れてしまったのか、何で古い民家ばかりが倒れたのか・・考えてみた。
「木造軸組み工法」(以下木造)という、柱や梁(はり)を組み合わせて家を作る建て方が日本の建築文化にはある。日本の気候風土に適った工法で、もちろん地震にも強いとされている。

 あるお宅の土壁(築70年)は、地震でひびの入っていた。
f0111786_9162317.jpg

木造の構造は、家が柔らかくしなるようになっている。その柔らかさやしなやかさで、地震の揺れを吸収する。柱や梁やケタや貫等の継ぎ手が、地震の揺れを吸収し、土壁は割れることで襲撃を吸収してしまう。一見土壁は弱いように見えて、人間の身代わりとなって壊れてくれている。 
f0111786_9202226.jpg

f0111786_9173740.jpg

 これは壁の内部がむき出しになった部分。竹小舞と柱と貫(水平方向に入っている部材)と土壁、日本の伝統工法はこの構造で地震の揺れを吸収すので、一気にズドーンと崩れることが少ないそう。傾いてなんとか踏ん張ってくれる。
 がしかし、軽くて強度の低い材料だったり、瓦が重かったり、構造計算ができていないような古い建物は、今回の地震には耐えられなったみたい。瓦礫の山にはこうして折れた部材が山のようになっていた。基礎コンクリートは割れ、金物類もグニャっと曲がってしまっていた。
f0111786_9234993.jpg


 地震を吸収する以前に、太い材料が真っ二つに折れていたり、完全に倒壊してしまった家も多かった。なんだか自分のことのようにショックだった。
木造=地震に弱いのではなく、作り手や材料次第でどうにでも変化する。今後、木造が誤解されていしまいそうで怖い。大工は家を作る以上に、人の命を守る仕事だなぁと思った。これからの仕事に大きな示唆を与えてくれた。

 ボランティア活動をしたのは2日間。灯篭の片付け、家の掃除、家具の移動、家具の耐震補強の相談、土壁やお風呂の補修の相談・・等など、大工に関係した仕事もできて嬉しかった。写真はボランティア終了後に友達になったイラン人のホセインさんと。日本在住で宇都宮から駆けつけたそう。イランのことを思い出した、イラン大好き!
f0111786_1083551.jpg

 
24年間生きてきて、これだけ「ありがとう」と感謝された経験はない。
それくらい、被災者の方々は感謝してくれた。


ボランティアを依頼した方々は、別れ際に目に涙を浮かべて握手をしてくれてた。滞在中は、目がショボショボしっぱなしだった。一人一人の熱意と失望、光と闇を抱いて前へと進む姿で、柏崎は立ち直って行くのだろう。ボランティアセンターで知り合ったキコリのおじさんは、別れ際にこう言ってくれた。

「ありがとう!、ホントッありがとうなぁ!、もうそれしか言えねぇよ、一生かかってもこのご恩は返せねぇ。本当にありがとう!恩を返すときはな、そりゃーおまえんとこで長野で地震が起きたときはよ、俺すっ飛んで行くからよ!でもな、そんこと起こらないように俺は祈ってるからよ。分かるよな言ってること!?おい、おめぇもう帰るのか?」

「長野には海が無いので、海に入って帰ります。」と自分。

「被爆したきゃ入ってもいいけどよ、お前はまだ若いんだし子供も生まれなくなっちゃうぜ。ってのは冗談だけどよ、こんな問題もあるわけ、俺たちの町には。それでも頑張って立ちなおらねぇといけねぇんだ。おい!何か買ってやるよ!ちょっとコンビニに入れ!」

名前も知らないおじさんは、無骨で熱い親切で牛乳とヨーグルトとアイスを買ってくれた。

「男はなぁ、別れに握手なんてしねぇんだよ!りっぱな大工になれよこの野郎!頑張るんだぞぉ~!!」

自分も超大声で「ありがとうございました!!」と絶叫。
最高に熱い出会いだった。

□■□
地震の街に咲く花
f0111786_1085120.jpg

原子力発電所の海に沈む夕日
f0111786_109258.jpg


 「自分の街にも地震が起きるかもしれない」

 「交通事故に巻き込まれて死ぬかもしれない」

 「台風の災害を受けるかもしれない」

 「大切な人が突然去ってゆくかもしれない」

 「かもしれない」じゃない、「必ず」起こっても不思議じゃない。

何が起きても不思議じゃない、だからこそ人々は助け合い、支えあい、愛し合って生きている。そうは思っても、クソまじめにこんなこと書くと気持ち悪くなる。それ位、世の中何が起きても不思議じゃない。

自分が想像できる範囲を遥かに超えて、この世界は狂気に満ちている。
だとしたら自分の魂のなんて小さなこと、ちっぽけなこと。
悲しみも喜びも、自我を強くするほどにモノの本質が見えなくなってゆく。

鋼のように強い心を持つよりも、水のように柔らかな心を持っていたい。
形を持たず、淀めば腐り、流れれば力となる、あの川の水になりたい。
震災のショックも、未来への不安も、受け入れて飲み込んで、流れるように生きてゆきたい。

汚いものも美しいものも、全てを飲み込んで進むべき方向へ向かう、
伊那谷を流れる天竜川を見ながらそんなふうに思った。
[PR]



by tuna_life | 2007-08-03 04:14 | 大工修行

日々の近況報告と備忘録です。
by tuna_life
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お知らせ!

4月に中川村に引っ越します。渡場の信号から、走って5秒の家です!

お気に入りブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧