ツナ日記-Toshi's Diary-

<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧




和釘

鍛冶屋さんが一本一本精錬して作った釘を「和釘」という。
工業的に作られた「洋釘」とはまるで違う。
築100年の蔵を解体していたら、和釘が使われていた。
抜いた釘は錆びが驚く程に少なく、先端は鋭く青光りしていた。

和釘は、洋釘よりも鉄の純度が高く錆びにくい。
そして鉄とは思えない程、柔らかく曲がる。
鋭く尖った先端は、打ち込まれて行く中で、木の繊維の中へしなやかに入り込む。
無駄な力が加わらず、木と和釘は一つに結ばれる。
まるで木と鉄が寄り添っているみたいだ。
鉄も自然素材なのだと、素直に実感できた。

f0111786_20365462.jpg

↑ごめん。この釘は錆びてるけど。

昔の大工さんは釘の使い方をよく知っている。
柱や土台等の、建物の骨組みを構成する部材には、釘を一切使っていない。
部材を簡単に分解・修理できるうえに、古材として別の建物へ転用するからだ。
床板等を打ち付けるために和釘が使われているが、本数が必要最低限に抑えられていた。
釘を少なくすれば板がとれてしまう、多いと分解が大変という、絶妙なバランス。
仕事をしながら、「ほれ、簡単に分解できるら。」
と蔵を建てた大工さんに語りかけられたみたいだった。

現代の大工が使っている釘やビスは、100年後はどうなっているのだろう。
再利用できない材料は産業廃棄物となるしかないのか。
大工を志す者として、何ができるだろうか。

手間を省いて豊かな暮らしを求める現代人と、
手間をかけて自然と共生する先人達。
古民家が次々と壊されてゆく過渡期の今、
先人達のもつ意識を、その技を、その形を、どれだけ大切に出来るだろうか。
古民家が次々と壊されてゆく過渡期の今。
自分にできることを学んでゆきたい。

f0111786_20395351.jpg
ごめんなさい。青光りした和釘を撮りたかったけど、こんなのしか手元に無かった。
バールでこじってもなかなか抜けない。普通の釘よりも格段に抜けにくい。
捨てるのがもったいないくらい、一本一本味わいがある。
[PR]



by tuna_life | 2008-03-14 20:44 | 大工修行

よもぎ

 ヨモギの新芽が、霜が溶けた柔らかい土の上から顔を覗かせていた。
f0111786_19205643.jpg

細かくて柔らかい毛に包まれた葉を、つまんで齧る。
ツンとしたヨモギの香りが鼻をつき、柔らかい清涼感と甘みが口いっぱいに広がる。ウマい。そして体中にヨモギの息吹が染み渡って、体の芯から春の香りに満たされた気分になった。
意外にも、摘みたての若い葉には苦みやクセは全く無い。

 丁度さっき出来た擦り傷で血が出た右手に、ヨモギを潰して湿布をした。
ひんやり冷たくて、熱を持った傷口の痛みが和らいでいった。
そして、あっという間に血は止まり痛みも治まった。

スーパーで野菜を買わなくても、春の味を満喫できる。
薬なんてなくても怪我は治せる。
自然と共に生きることって、なんて気持ちの良いこと。

人間だって動物の一種。
野のものを自分で採って食べるという、本能的な行動は忘れたくない。
自然の恵みだけで自活することは難しいけれど、
そう意識して暮らしたい。働きたい。生きて行きたい。

食の安全を叫ぶマスコミのアナウンサーに、ヨモギの葉っぱを食べさせてあげたい。
自然と共生する気持ちよさを、ほんわかと感じてほしいと思った。
[PR]



by tuna_life | 2008-03-11 19:24 | 日常

「写真展・チャリンコ☆ツナの一期一会」

 2月26日〜3月29日まで、アンサンブルで写真展をさせてもらうことになった。
各地で写真展をしてきたけれど、今回の写真展は、子供のおもちゃ箱を引っくり返したみたいにワイワイゴチャゴチャしてる。
写真展の壁一面が、僕のエキスが染み込んでる感じだ。

 旅を通して感じた色々なモノや思い出を、好きな所も嫌いな所も、全部見せることで自分を表現したい、と思って会場作りをした。自転車と旅と写真が好きな大工見習い…自分が生きてきた中で体験したことを、全部吐き出して、一つの空間に収める事で、楽しい連鎖や化学変化を起こしたいと思って作った。どんな展示になったかは、行ってみて感じてください。

 思いを形にするために、アンサンブルのスタッフの方々や友人に協力をしてもらって、文化祭の準備のノリで会場を作成した。
まず、アンサンブルの喫茶コーナーの壁に米袋をちぎって貼付けて、土壁風の壁にリフォーム。そこに、旅で出会った人々の写真をランダムに飾った。元々の壁は、薄いピンクの古いクロス張りだったので、これだけで印象がガラリと変わった。そこへ旅で使っていたテントや寝袋等のキャンプ用品を壁から吊るしたり、僕の等身大の人形(通称ツナ人形)を、友人に作ってもらい自転車と共に飾った。チベットで買った旗や、使っていた地図も貼付けて、キレイなものも汚いものもゴチャゴチャに飾った。大人達が集まって、アーでもないコーでもないってはしゃぎながら作った会場は、大人の文化祭のノリで面白かった。

f0111786_1991197.jpg


 一人で頑張れば出来そうな事でも、仲間と楽しみながらやったほうが良いものが出来る。
今回は、本当に回りの皆に感謝。
そしてこんな遊び心を許してくれたアンサンブル松川のスタッフの方々に感謝。

 アンサンブルでは、知的障がいをもつ方達が、仲間と楽しみながら働いている。
そこには、人間の飾らない美しさがある。喫茶店へ、彼(彼女)たちの姿を見に来てくださいね。
お待ちしております!

学校や仕事で、会場に常時いませんが、時間を作ってちょくちょくいます。
僕に会いたいときは気兼ねしないで電話ください。
あと、3月18日の午後一時あたりにFM飯田に出演します。
ほとんど飯田市街でしか聞けませんが、よかったら聞いてください。

島崎(ツナ)携帯 08056707693


日にち 2月26日から、3月29日まで
時間  9:30〜17:30

喫茶アンサンブル
定休日 日・月・祝日
住所 松川町元大島1339−1(国道153沿い)
電話 0265−34−0226
僕の
[PR]



by tuna_life | 2008-03-11 19:16 | イベント・写真展

チャオ!クラフト@チャオの制作現場。

遅ればせながら。皆様お疲れさまでした。

中川村のショッピングセンター「チャオ」で2月半ばに行われた、中川村近隣のクラフト作家10人によるクラフト展。大成功の大盛況な盛り上がりとなりました。
中川村在住の作家Tさんのプロデュースによって、この展示会場を作ることになり、お手伝いをしました。

・制作風景

・ 普段はガランとした空き店舗のスペース
f0111786_18391040.jpg


・ そこへ借りてきた足場を組む。
f0111786_1840322.jpg


・ 廃材となったパレットや、酒樽を借りてきた。
f0111786_1841710.jpg


・ 錆びた波トタンや古民家の床板等を組み合わせる。
f0111786_18414517.jpg


・ 中川在住のTさんのデザインのもと、各部材が組み合わされる。
f0111786_18431884.jpg


・ 裏方スタッフの面々。
f0111786_18531073.jpg


・ 「面白いもん作っとる!」と有線放送が撮影に来ました。
f0111786_18454425.jpg


・ 多くの人の手によって、二日間かかりようやく完成。廃材等を使って作り出した空間は、作り手の遊び心がそのまま形になったような、そこにいるだけで楽しくなる空間になった。
f0111786_18464512.jpg

f0111786_18472759.jpg

ガラス・陶・布・木・服・額、など等(僕の展示も急遽させてもらった)が展示され、多くの方々が来場してくれた。チャオ始まって以来なんじゃないかというくらい大勢の方が来てくれた。ありがたい。
(チャオとは、人口五千人ちょっとの中川村の中心部のショッピングセンターです。)
f0111786_18481187.jpg


もう先月のイベントですが、楽しく開催できた思い出としてアップします。
あー、楽しかった!
[PR]



by tuna_life | 2008-03-11 18:58 | 大工修行

初めての「請け負い仕事」

「暗い玄関を明るくしたい!」

というお施主さん(友人のSさん)からの要望で、天窓を作ることになった。

今まで、職人さんの助手で仕事をした事はあるけれど、今回は見積もりから加工・設置まで、一通りの流れを任されて、(色々と助言をもらいながら)請け負い仕事をしました。

600×1000ミリ程度のペアガラスを注文し、枠を檜で作る。ただのはめ殺し窓ではなく、開閉式で雨仕舞いも考慮せねばならず、窓と思って油断していたらかなり難しかった。単純な寸法なはずなのに、細かい所まで意識が届かず、何度も失敗した。
去年の冬至からクリスマスまでの数日間が作業日だったけれど、とにかく考えすぎてしまい悶々とした日々を過ごした。

f0111786_18262737.jpg

玄関の天井に、屋上へと向かう階段がある。
f0111786_18274149.jpg

屋上へと向かう部分を、丸ごと開閉式の天窓にした。
枠は、垂木にビスで固定した。
f0111786_1829104.jpg

屋上から観るとこんな感じ。ペアガラスなので意外と重い。
f0111786_18301638.jpg

桜の枝の取っ手を付けて完成。
窓をつくるだけ…と思っていたが、色々段取りを考えることがあると勉強になった。

 自分の満足のいく作品が作れそうも無く、精神的に落ち込んだ時に、
「正直、こんなんじゃお金なんて貰えないと思うんですよ。」

と弱音を吐くと、ある方がこう言ってくれた。
「バカ、逃げちゃだめだ。お金はな、責任なんだよ。お金を貰って悔しい思いをするんだ、そうやって仕事を覚えるんだ!」

ありがたい。その通り。
仕事が終わった時に、自己評価以上にお施主さんの友人が喜んでくれたのが嬉しかった。
大げさな話だけど、大工は「喜び」を作る仕事なんだと実感した。
そして、微かだが自分の腕でお金を作り出せたのが嬉しかった。
とにかく働くことが楽しくて仕方が無い。
[PR]



by tuna_life | 2008-03-11 18:35 | 大工修行

日々の近況報告と備忘録です。
by tuna_life
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

お知らせ!

4月に中川村に引っ越します。渡場の信号から、走って5秒の家です!

お気に入りブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧