ツナ日記-Toshi's Diary-

<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧




富士山五合目までサイクリングの下見

ボーイスカウトの夏合宿の下見で、須走口から富士山5合目まで走りました。
一緒に走ったSさん、お疲れさまでした。色々ありがとうございました。
本番は再来週、良いサイクリングができますように!
晴れますように、てるてる坊主つくろっと!
f0111786_2027342.jpg

[PR]



by tuna_life | 2008-07-13 20:27 | 日常

日本の屋根に竹ドームを作ろう!

みそ部という部活動をしている永子さん(部活とはいえ、学生ではなく社会人)の大豆畑に、鹿の見張り小屋兼休憩小屋を造った。

 このみそ部とういうものが、かなり面白い活動をしている。
約4反の畑に大豆を育てて、冬はその大豆で味噌を仕込んでいる。その一連の作業を手伝うと、作業量や時間に応じて、みそ部通貨・「マメー」が支払われる。
 現在約50人いる部員達(幽霊部員含む)は、楽しみながら作業を手伝って味噌を作っている。味噌作りを通して「疲れたOLの心を癒したい」と語る部長の永子さん。仲間に支えられて、みそ部特製の味噌ラーメンやみそカツサンドを作ってイベントをしたり、ユニークな活動を通して、楽しみながら伊那谷を元気にしている。

うまく説明できないけど、そんな楽しそうな空気に誘われて、竹ドームを作った。
f0111786_1211588.jpg

f0111786_1232041.jpg

f0111786_1235033.jpg

近くの竹林の竹を分けてもらい、鉈で裂いて、組みこんでゆく。ここまで半日弱かかった。なにもない畑に、いきなり半球の物体が出来上がる様子はかなり楽しい。
ドームの中でお茶をのんでいたら、たったこれだけの囲いでも、なぜか落ち着く雰囲気。人間は弱いから、何かに囲われていたいのかもしれない。

 これはまだ未完成、来週さらに竹を編み込んでゆく。そして古シーツかなにかを被せて完成の予定。夜にランプを灯せば、大きなランプシェードになりそう。

次回の作業日は7月5日(土)朝8時に飯島の道の駅の風車の下に集合。
弁当・お茶・おやつ・ナタ・のこぎり・山仕事道具(あれば)持参。
古シーツなどある方、持ってきてくれると嬉しいです。

午前中の作業になります。完成するであろう竹ドームで弁当くいましょー!
遠方の方は、島崎家に泊まってください。(竹ドームで寝てもいいかも)
[PR]



by tuna_life | 2008-07-02 01:36 | 大工修行

きちきちバンバン山賊隊 泥団子作り

先週の子供教室は、大雨だったので、Yさんが泥団子作りを教えてくれた。ただの泥団子じゃない。漆喰と顔料を表面にコーティングして磨いた、宝石のような泥団子を作った。
f0111786_0403668.jpg
f0111786_0523490.jpg

f0111786_0471098.jpg

土・藁・砂・水を混ぜ、発酵させて寝かせた左官用の土をこねてだんごをつくり、それを乾燥させてから漆喰を塗り、さらに乾燥させて顔料を塗る下地をつくる。(この作業はけっこう日数がかかるので割愛した)
 
 そこへ色とりどりの顔料を塗り付けて磨いて行く。
f0111786_0484349.jpg

子供達は無言で熱中、というか大人の方がもっと熱中していた。
f0111786_0491397.jpg

だれかさんの手。
f0111786_0494677.jpg

だれかさんの団子。
f0111786_0564886.jpg

完成が嬉しそう。
f0111786_0545053.jpg

参加者は10名ちょっと。
それぞれの手の中に、輝く宝石を作り出していた。
団子もキレイだったけど、それを作る子供達の眼は、もっとキラキラ輝いていた。

■□■
次回は7月12日(土)10時〜15時

僕は欠席しますが、(晴れたら)ドームの基礎石を据えるそうです。
みなさん、おいでなんしょ。
[PR]



by tuna_life | 2008-07-02 01:04 | 大工修行

備忘録 桧のはぎ合わせの座卓

オーダーの座卓作成ドキュメント。

f0111786_23433316.jpg

大まかな設計と木拾い、見積もりをして、作成に取りかかる。
5枚の桧をはぎ合わせる。

f0111786_23473147.jpg

木裏を表に揃えて溝を彫り、栗のいもではぎ合わせる。

f0111786_2350128.jpg

くさびでクランプ代わりにして一晩待つ。

f0111786_0103352.jpg

ルーターで蟻の溝をほって、さねを通す。絶妙な幅でないと、ユルユルかキツキツのどちらかになってしまう。また雨が降ると木が膨張して入らなくなるので、雨が降る間に焦ってやったらキツキツになってしまった。


f0111786_23511862.jpg

継ぎ目がぴったりと付いた天板にカンナをかける。ツルツルのピカピカになると気持ちが良い。3寸角の柱を仕上げカンナをするのとはわけがちがう。広い板を、耳が立たないように逆目が立たないように仕上げるのは難しい。とにかくまだまだ勉強中。縁あって頂いた天然石の砥石で研いだ刃がすごくよく切れてくれた。砥石で切れ味が全く変わる!

f0111786_005890.jpg

足は着脱式という要望を受け、集成材で長方形の足を作った。
合鍵で棒を組ませる事で、足の位置を出すメジャーとなる。

f0111786_033934.jpg

多少チークっぽい色が、部屋と良いバランスをとってくれた。
f0111786_0152631.jpg

栗のいもが、良いアクセントになってくれた。

大工は木と喋る。一日中ぶつぶつ呟く。
大工さんには木と喋る為の専門用語がたくさんある。
その会話ができるかで、仕上がりに差が出る。
そこがプロとアマの違いなのかもしれない。
自分はまだまだ修行中だなあと、つくづく感じさせられた。
こんな自分の腕を「青田買い」してくださっているお施主さん、親方、そして回りの沢山の友人達。人の輪に生かされて、自分の腕を磨く事が出来ている。本当にありがたい。

仕事が楽しいと、靴下にでかい穴があいていても、洗濯ものが溜まっていても、食事がパンの耳になっても、そんなことどうでもよくなった。

「寝食を忘れて」没頭した座卓作りだった。

毎日、木と真剣に向き合う時間が、楽しくて仕方がない。
[PR]



by tuna_life | 2008-07-02 00:34 | 大工修行

漬け込み酒三種

自己満足を満たす漬け込み酒。
f0111786_23355242.jpg

田んぼの畦で刈ったよもぎ、、庭先のミント、頂いたサクランボを、焼酎に漬け込んだ。

よもぎ酒は、あんこや和菓子と一緒に食べたらきっと美味い。
ミント酒は、安いアイスクリームに混ぜて食べたらきっと美味い。
サクランボ酒は、食後のデザート酒で飲んだらきっと美味い。

色々な種類の酒を、ちょっとづつ作るのが楽しい。
こういうもんは、がぶ飲みよりも、ちびリと飲むのが良い。

そうそう、漬け込む焼酎は「銀滴」の麦。(上片桐の恵比寿屋にある)
これで漬け込むと、安いホワイトリカーを使えなくなる。
素材の味を引き出して、見事な調和を作り出す名酒。

漬け込み酒は生き物を飼っているみたい。
漬け込み期間は最低一ヶ月。
熟成されるまでの時間と、それを待ちわびる気持ちが、酒を美味くさせるに違いない。
うしし…楽しみだ。
[PR]



by tuna_life | 2008-07-01 23:38 | 日常

日々の近況報告と備忘録です。
by tuna_life
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お知らせ!

4月に中川村に引っ越します。渡場の信号から、走って5秒の家です!

お気に入りブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧