ツナ日記-Toshi's Diary-

<   2008年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧




近況報告 2008夏

f0111786_20133481.jpg

 今年も近江沢のお婆ちゃんのトウモロコシは優しくて甘くて美味しく頂きました。長らく更新してませんでしたが、久しぶりの近況報告です。


 突然ですが、ツナ日記を季刊にします。インターネットをする時間がなく、めっきり更新してませんでした。毎日の生活のなかで、ネットをする時間が殆どなく、やる気もなく、ネットしないでいるのもいいなあと思ってました。
 が、両親や、めったに会えない友人への現状報告として、年に数回程度更新します。更新回数少ない分、内容は良いものにしたいと思っています。


もくじ

1 脱!携帯メール
2 お米
3 大工修行
4 こどもたち
5 生活
6 まとめにならないまとめ


①脱!携帯メール

 せっかく人間に生まれたんだから、もっと会話をしたい!
 と突発的に思い、携帯メールをやめました。突然メールできなくなった方々、申し訳ありませんでした。これからは、なにかあったら電話か手紙下さい。あと、auなのでCメールは使えます。pcメールは月に数回しかチェックしてませんが生きてます。


②お米作り
f0111786_20205680.jpg

 お米の花が可憐に咲き、ゆっくりと稲穂が実りつつある。米の花は、開花して数時間で受粉を終え、すぐに枯れてしまう。
f0111786_20221952.jpg

 花が咲く頃から、田んぼは甘い稲穂の香りが立ちこめている。お腹は満たされないけど、心は満たされる良い香りだ。
f0111786_20354210.jpg

(↑撮影 Nさん)
 田んぼ仕事をしていると、農耕民族のDNAを刺激される。人間らしいというか、自分が人間なんだなあという当たり前の事を実感させられる。収穫は9月下旬。穂が実ると共に胸がわくわくする。


③大工修行
f0111786_20253984.jpg

 以前ブログに書いた「石場立て」のオープンデッキを作ったカフェがオープンしました。松川町増野にある「cafe メケメケ食堂」(メケメケとは「だからなんだってーのよ」の意)内装のプロデュースは中川村の額ぶち作家のTさん。ステキなお店になりました。個人的におすすめは定食! 家庭的な味付けで、男心を癒します。

営業時間は11時から19時くらい(よく分からないので要確認)
でんわ 09074139863(片桐)

f0111786_2026439.jpg

 最近は新築の刻み(柱や梁などの構造材をつくること)を毎日している。構造材の一部に、新野で新月切りされた杉を使っているが、狂いやヒビが確かに少ない。いい材料を刻めることにやりがいを感じる。自分の行った仕事が、自分が死んだ後も、100年後も、もっと先も…木に刻まれてゆくかと思うと感慨深い。
 良い仕事も100年残るし、失敗も100年残る。そしていつか土に還ってゆく。まだまだ失敗も多いが、自分の生きている意味を木に刻み付けたい。
 写真は追っかけ大栓継ぎ 3〜4メートルの材料を3本つないで10メートル近い部材を作る。プラスマイナス0.3ミリの精度で継ぎ手を作る。正直すごく難しいけれど、全身全霊をかけて挑める仕事。こうした仕事をさせてもらえることは、本当にありがたいし勉強になる。


④こどもたち
f0111786_2039798.jpg

 富士山5合目へのサイクリングは、無事に終了!子供達がんばりました。東京の子供達だったので、モヤシっこを想像していたけれど、想像以上に頑張ってくれた。ボーイスカウトの子供達だけあって、野外での活動は楽しそうだった。
f0111786_20403147.jpg

 今年も中川村の「地域こども教室」のサマーキャンプが行われた。全日の参加はできなかったけれど、泥遊びのプログラムに参加。土の家を造る過程の一つで、粘土質の土を水で練って藁と砂をいれて混ぜる作業だ。日本の伝統的な民家は、この方法で土壁の土を作っている。そういった理由を抜きにして、大人も子供の泥だらけになった1日だった。
 
⑤生活
f0111786_20452794.jpg

 灯油とガスをあまり使いたくないので、玄関の前で時計ストーブを焚いて、煮炊きをしている。バケツに二杯お湯があれば、バケツシャワー&たらいのバスタブができる。これは夏ならいいけど、ここ最近寒くなってきた。ちなみに、今年の春は毎日外で野宿をしていたが、蚊が出てくるようになってからは家の中で寝ている。長野に移住して早5年、こんなんことが日常になってしまった。

6 まとめ

f0111786_20474031.jpg

今を生きる子供達の笑顔
暖かく家族のような仲間達
人生の全てをぶつけられる大工修行
愛らしい米の花と稲穂
挨拶しあえる暖かいご近所さん
美味しいご飯に旬の果物
山にかかる積乱雲と夕日
…心をじんわりとさせる幸せはこの谷にある。

足下にある幸せをいつも感じていられますように。

日々そう感じる毎日を送っている。春から田んぼを始めて、自分の中で何かが大きく変わった。自分の足元にある幸せをたくさん感じられるようになった。
自分で言うのも恥ずかしいが、笑顔が前よりもさらに増えた気がする。
 これから秋にかけて、稲の収穫、新築の建前に粗壁ぬり、友人が子豚を飼い始めたり…と、楽しみが沢山ある。次回の更新ではそのへんを写真とともにお伝えできたらいいなと思っています。

ではでは皆様 良い風を!
[PR]



by tuna_life | 2008-08-24 20:43 | 日常

日々の近況報告と備忘録です。
by tuna_life
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お知らせ!

4月に中川村に引っ越します。渡場の信号から、走って5秒の家です!

お気に入りブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧