ツナ日記-Toshi's Diary-

「手刻み」

 現在、新築工事の仕事をしています。
 箕輪町に、天然酵母のパン屋さん兼住居を建てます。

 5月の終わりから、柱や梁などの構造材を、棟梁Y氏の墨付けの下、加工をする「刻み」を行ってきた。来週、その刻んだ部材を実際に組み立てる「建前」が行われる予定。

 僕は、この墨付けと刻みが、数ある大工仕事の中でも、興味深くてやりがいのある仕事だと思っている。それは、自然の恵みである木を、人の手で加工して、暮らしの一部分を作るという過程に、「自然を生かす知恵」がつまっているから。日々、仕事を通して、多くの知恵を学ばせてもらっている。

しかし現在、木造住宅の殆どは、「プレカット」と呼ばれるコンピューター制御のライン作業によって加工をしている。これは一見すると、安価で効率的なしくみに思える。しかし、職人の手作業にしか出来ないことも多々あり、その知恵を生かす場はとても大切だど思う。ともあれ、「手刻み」と「プレカット」を、どちらが良い・悪いという議論は、また別の機会にしたい。

 というわけで、今日は、仕事の合間に撮った写真をいくつか。

f0111786_9543835.jpg

絵図板
棟梁がこれを元に墨付けをする。
f0111786_1153456.jpg

f0111786_11524685.jpg

f0111786_11532353.jpg

刻んだ柱・梁・桁。
材料の産地は、南信・東濃など。
f0111786_11564962.jpg

手斧(ちょうな)で柱を仕上げるY氏。
f0111786_1220458.jpg

現場。
どんな建物が建つのか、お楽しみに。
f0111786_12211832.jpg

自分です。
鉋の刃を研いで、砥石と刃がくっついたところ。きれい鉋の仕上げが出来ると嬉しい。
しかしこの翌日、いぼ痔になってしまった。
痛みで歩くことも困難になり、病院で切り取ってもらった。
しゃがみっぱなしで何時間も研いでいたのと、疲れがおしりに響いたようだ。

これからも、工事の進み具合を、ときどきお伝えします。
[PR]



# by tuna_life | 2011-07-09 10:21 | 日常

日々の近況報告と備忘録です。
by tuna_life
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お知らせ!

4月に中川村に引っ越します。渡場の信号から、走って5秒の家です!

お気に入りブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧